屋根葺き替え工事主な工程

2018年11月21日更新

こんにちは!

最近は、忘年会シーズンで飲食店は忙しそうですね。

忘年会が同じ週に重なる方もいると思います・・・。

お酒の飲みすぎで体がおかしくなってしまわないように、程々に気を付けましょう!

 

今日は最近、台風による被害で多くみられる屋根工事についてお話します!

最近は主に台風での被害が多かったので、工事は屋根のカバー工法が多かったです。

屋根のカバー工法というのは、既存の屋根材の上から屋根を重ねて取り付けるような工事です。

そして、この屋根のカバー工法は廃材が出ないことと工期が短いことで工事費用を抑えることが出来るのでほとんどのお宅がこの屋根のカバー工法で工事をさせていただいております。

ただ、この屋根のカバー工法は全てのお宅でできるわけではなくて、一部出来ないお宅があります、

それは、下地が痛んでしまっているお宅と瓦屋根などのカバー工法に向いていない屋根材のお宅は葺き替え工事で改修させていただいております

そして、このカバー工法は屋根材を重ねて取り付けるので屋根が重くなります。

地震が来た時に建物の重心が高くなるので、地震の際の揺れが大きくなったり、万が一雨漏りした際に雨漏りの場所を特定することが難しくなるので葺き替え工事をさらにしなくてはいけない場合もあります。

もちろん、屋根の葺き替え工事にもデメリットはありますがカバー工法も葺き替え工事も定期的に点検しておけば大事に至ることはありません。

 

 

屋根の葺き替え工事の最初の工程はまずは足場をかけることです。

今回説明する屋根の葺き替え方法は瓦屋根を想定して説明しているので、屋根材の種類によって工程などが異なる場合がございます

 

 

足場の設置はカバー工法の説明の時に書きましたのでそちらにも載っているのでぜひ見てください!

 

足場をかけたらまずは、瓦を撤去していきます!

 

劣化していた瓦を撤去したら、その上に野地板というもの貼っていきます!

野地板とは、屋根の下地材です。

この上から次は防水シートを張りつけていきます。

防水シートは雨漏りなどから屋根を守るために大切なものですよね。

防水シートは隙間から雨水が浸入してこないように軒先の屋根の下側からつけていきます。隙間なく貼り付けていくために防水シートを約10cm程重ねて貼ります。

防水シートを張りつけた後は、新しい屋根材の瓦を設置していきます!

屋根材を設置して、最終確認を行ってなにも異常などなければこれで足場を解体して完工となります

 

葺き替え工事の工期は屋根材の種類にもよりますが大体約10日ほどで完工致します。

カバー工法に比べると少しお値段が高くなってしまいますが、これからの雨漏りのリスクやメンテナンスの頻度などを考えると葺き替え工事のほうが長持ちはします!

ただ、最初にお話しした通り、カバー工法であっても葺き替え工事であってもどちらも点検や定期的な塗装などのメンテナンスが必要です。

点検などを行って少しでも小さな異常などを早期に見つけておけば屋根材の寿命は全く違います!

 

なので、もし最近工事をしたお宅でも、5年以上前に工事を行ったお宅でも定期的な点検を行うのを忘れないようにして現状維持できるようにしましょう!!

そのためにご相談いただければすぐに点検しにお伺いさせていただきます!

 

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics