ご自宅の雨漏りチェック

2018年11月30日更新

こんにちは!!

今日で11月も終わりですね。

明日からついに12月に入りやっと年末年始が近づいてきましたね!

年末年始の予定などは皆さん決まっていますか?

私は年末年始にたくさん遊びに行こうとおもい色々と予定を立てている所です。

まだあと一か月程ありますが、年末まで仕事や大掃除など頑張りましょう!

 

今月は工事の完工日が重なったりと完工した工事が多く、台風での被害もだいぶ落ち着いてきましたがまだ工事中の所もあるので油断せず残りの工事も怪我無く行っていきます!!

 

今月の工事の中でも一番多かったのが雨漏りの改修工事です。

雨漏りは進行も早く、小さな雨漏りでも放置しておくと漏電をおこしてしまったり人体への危険性もあります。

雨漏りしている箇所にカビが生えてきてそれを知らず知らずのうちに吸い込んでしまいアレルギーを引き起こしたり、咳や頭痛の原因になったりすることもあります。

 

そこで小さな雨漏りでも見つけたらすぐに改修工事をした方がいいのですが、なるべく雨漏りなどは防ぎたいものですよね!

そこで、今回はご自分でできる雨漏りのチェックについてお話します!

 

 

 

まず、ご自宅の屋根の状況を確認してみてください!

と言っても屋根に上るのは職人さんでもしっかりと安全に気を付けて落ちないように装備していきますのでご自分で登らないで下から見える範囲で結構です!!

 

☆下から見て屋根のひび割れや瓦のズレなどないか確認してみて、次は軒裏にシミが出来ていないかを確認します。

軒裏にシミが出来ていたらすでに気づかないうちに雨漏りしてしまっているということなので急いで業者に点検してもらいましょう!

そして、見える範囲に屋根のひび割れや瓦のズレがある場合と雨樋にごみや葉っぱなどが詰まってしまっている場合も一部改修工事で済むのですぐに雨漏りしてしまう前に業者にこちらも点検してもらいましょう!!

 

雨漏りするのは実は屋根だけではなくて外壁部分から侵入してきたという場合もあるので外壁の点検もしましょう!

 

☆まずは窓や換気扇などの外壁に取り付けてある部分の点検です。

外から見て、窓や換気扇などに変色やシミなどがないか確認してみてください

これで変色している場合は窓の隙間の木や換気扇周りから雨水が浸入している可能性が高いです

 

☆次はベランダの点検です

ベランダの付け根あたりをみてこちらもシミや汚れなどないか確認してみてください

外壁材の劣化により雨水がベランダの付け根から侵入してしまう場合もあります

そして、家の中からもチェックしてみてください!

 

☆まずは天井、壁紙からのシミや汚れがないかの確認です

こちらは雨漏りになると壁紙や天井が黒く目立ってくるのでわかりやすいかと思います

 

☆押入などがカビ臭くないかを確認する!

押入などから湿気の匂いやカビの匂いが強く感じるようになったら屋根裏から雨漏りしている可能性があります

 

 

こちらは全て簡単に行えるチェックですので、一度ご自分の目で点検してみてください。

もしも、不自然なシミやカビの匂いなどを感じたらすぐに業者にお問い合わせください!

屋根に上って漏水箇所を見つけてほかの場所なども点検させていただきます!!

当社では点検は無料で行っていますのでお気軽にお問い合わせください

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics