塗装の下地処理の大切さ

2018年12月14日更新

こんにちは!

今日は日差しも強くていいお天気ですね!

今週の前半の天気が優れなかった代わりに昨日からとてもいいお天気で工事が捗りそうです。

 

塗装工事などは天気に左右されるので一番、梅雨の時期や台風の多い夏は工事が進まないのですが、今の季節は気温も安定していて突然の雨も少ないのでおススメです!

 

塗装の事になるとよく出てくる言葉が下地処理という言葉です。

この下地処理の出来で、塗装の出来栄えが変わるほど大切な作業です!

下地処理とは、主に高圧洗浄、コーキング(シーリング)の補修や錆補修や釘やビスの打ち直しなどがあります。

 

 

高圧洗浄では、家庭用とは全く違う威力の業務用の高圧洗浄機を使用して塗装する面の埃やカビ、苔などをきれいに落としていきます。

この作業で埃などをしっかりと落としておかないと上から塗る塗料が浮いてしまい約2,3年で剥がれてきてしまいます

 

コーキング(シーリング)の補修では、既存のコーキングの亀裂などから雨漏りしてしまう可能性があるので撤去して新しいコーキング材を注入します。

 

外壁なども同じくひび割れている部分があればヤスリなどで細かな傷をつけて平面を滑らかにして塗装を行います。ヒビが深い場合は、ひび割れている所をカットしてコーキング材を注入していきます

 

金属屋根のなどの錆も埃や苔と同じでその上から塗装を塗ってもすぐに剥がれてきてしまうのでしっかりと残らず落としていきます!

 

この下地処理をしないで行うと塗装の寿命を短くしてしまったり見栄えも良くありません!

なので、塗装をご検討のお客様はしっかりと下地処理についても業者にご確認ください。

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics