屋根材の寿命について・・・。

2019年1月14日更新

こんにちは!!

今日は1月14日、成人の日ですね!

新成人の皆様おめでとうございます!

平成最後の成人式ということで盛り上がっていますが静岡市の成人式も問題なく無事に終えれたみたいで良かったです(^O^)

 

 

今月の工事予定は、去年解体工事や塗装、雨漏りの改修工事をさせていただいたI医院様の貯水ポンプの交換工事と葵区U様邸の屋根改修工事、葵区S様邸のトップライト(天窓)の交換工事の予定です!

先月よりもだいぶ台風による改修工事も落ち着いてきているので今月お問い合わせをいただければなるべく早くお見積りにお伺いできます!

 

 

数か月前の台風の影響でやはり屋根の改修工事が多いですが、屋根の寿命などを把握してご自宅の屋根の点検時期などを見直しましょう!

 

屋根の種類によって寿命も変わってくるのでしっかりとご自宅の屋根材が何かを把握しておくとわかりやすいと思います。

まず屋根材の中でも一番寿命が長いのが日本瓦です!

この日本瓦は平均約50年~約100年程持ちます。

とても丈夫な瓦ですが、地震や台風などの衝撃によって外れてしまったりかけてしまうことがあります。

長持ちする瓦ではありますがこちらは約10年~15年に一度点検しましょう。

次はスレート屋根です。

こちらは瓦屋根に比べるとお値段も安く済み、カラーも豊富なためスレート屋根のお宅が多いです!

このスレート屋根は寿命が約20年~25年と屋根の中でも短いです。

約10年程で割れなどの症状が出てきます。

なのでこのスレート屋根も10年程経っているものなら絶対に点検をした方がいいです!!

 

次はガルバリウム鋼板屋根です!

このガルバリウム鋼板は金属屋根でトタン屋根に変わり、最近この屋根材を使用しているお宅も多くみられます

ちなみにトタン屋根の寿命は約10年から20年と一番短いですがこの屋根材は金属屋根ですが30年から50年程持ちます!

ただ、こちらも金属屋根なので劣化などで雨漏りの心配があるので10年程経過していたら点検をするようにしましょう。

 

主に最近の屋根に多いこの3種類の屋根材の寿命について書かせていただきましたが、こちらは全て目安なので早めの点検に越したことはありません!

 

なのでなるべく早めの点検を心がけて雨漏りや屋根の傷みを防ぎましょう

 

点検はいつでも無料で行っていますのでお気軽にお問い合わせください(^O^)

 

M.N

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics