外壁張替えのメリット

2019年5月15日更新

こんにちは!!

静岡も夏に近づいてきてかなり気温が高くなってきましたね!

 

日中は外にいると少し風が吹いていてちょうどいい気温ですが室内や車の中にいると少し暑いくらいなので、無理せずに暑いと思ったら冷房など付けて熱中症には気を付けてください!

 

現場の職人さん達もそろそろ屋根の上がかなり高温になってくる時期なので休憩を挟んで作業をしてもらい熱中症など今の時期から気を付けていきます。

 

 

先日、静岡市葵区のS様よりお問い合わせのお電話いただきました!

トタンの外壁と屋根の張替えについてのお問い合わせで他社からカバー工法での工事をおススメされたのですが張替えをご希望でした。

 

外壁も屋根と同様に張替え工事かカバー工法どちらかでの工事になるのですが屋根の時同様にカバー工法にも張替えにも両方いい所があります。

もちろん両方メリット、デメリットなどがあるので今回は外壁の張替えに付いてお話していきます!

 

 

 

外壁の補修方法というとまず初めに塗装が出てくると思います。

塗装でももちろん外壁をカバーすることが出来ますがもともとの外壁材が傷んでいる所にどんなにいい塗料を塗ったとしても効果は期待できません・・・。

それどころか、塗装をしたことでさらに外壁面を傷つけてしまうことも。

 

 

築30年程経過している場合は塗装よりも張替えもしくはカバー工法で外壁を補修するのが一番です!!

 

 

外壁のカバー工法は屋根のカバー工法と同様に新しい外壁材を設置していくので工事期間も短く、そして廃材が出ないので工事費用を抑えることが出来ます。

 

壁が2重になるので遮音性や遮熱性も高まりますが、外壁材が重くなってしまうことから耐久性に関してはあまりいいとは言えません・・・。

 

張替えの場合はカバー工法とは違い外壁材の撤去から始まるので工事日数もかかり、そして既存の外壁材を処分することから処分費用なども掛かるのでかなりカバー工法と比べると日数も費用も掛かりますが張替えの場合は一から新らしい外壁材を取り付けるので耐久性もかなりよく長持ちすることから張替えをおすすめする場合もあります

 

 

そのお宅によってカバー工法がいいのか張替えがいいのかしっかりと見させていただいてどちらがいいのかご提案させていただきます!

 

これからの雨漏りなどが増えてくる梅雨の時期に入る前に一度30年以上お手入れなどしていないお宅はご検討してみてください

 

まずは無料のお見積りからお伺いさせて頂きますのでお気軽にご相談下さい!!

 

m.n

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics