雨漏りを修理する前に知っておきたいこと

2019年6月6日更新

雨漏り

雨漏りが起きると、早く雨漏りを直したくて、焦って業者さんを探し、業者さんの話をちゃんと聞かないまま契約、ということがよくあります。

いい業者さんなら問題ありませんが、それが手抜き工事をする業者さんだと、当然ですが、あとが大変です・・・。

 

雨漏り修理をするときに、最低限知っておきたいポイントをまとめてみました。

雨漏りの原因箇所は多岐にわたる

雨漏り

雨漏り=屋根の劣化、とは限らないのが雨漏りです。

壁からの雨漏り事例もたくさんあります。

また、屋根といっても、屋根の棟の部分なのか、谷の部分なのか、それとも屋根のヘリの部分なのか、、、

原因は様々です。

まずは、その原因をちゃんと調べられる業者じゃないといけません。

しかし、雨漏りの原因を突き止めるのは、状況によっては非常に困難です。

実際に散水してみて、どこから漏れているかを辿る作業が必要になります。

 

いずれにしても、ここでのポイントは、雨漏り=屋根が原因 とは限らない、というところだけは頭の隅に入れておいてください。

雨漏りの原因で多い谷樋からの雨漏り

谷樋板金
雨漏りの原因で多いのは、谷どいと呼ばれる屋根と屋根が谷になっている箇所。(一般的な住宅の屋根の場合)
そのほかは、 だいたい谷樋には板金が敷かれていますが、その板金の劣化などにより、雨漏りが発生します。
ここで修理は谷樋板金を張り替えるか、部分的にコーキングで補修する方法がとられます。
しかし、屋根からの雨漏りの場合、確認しておきたいのが、屋根材の下の防水シート(ルーフィング)。
これが劣化していると、雨漏りはいたちごっこです。
なぜなら、雨を止める防水シートが劣化で破れていたり、腐食していたら、屋根材の割れや剥がれで簡単に雨漏りが発生します。

 

築20年を経過しているお宅で雨漏りが起きたときは、防水シートのチェックも忘れずにしましょう。

雨漏りの原因で多い雨押さえ板金からの雨漏り

雨押さえ板金
雨漏りの原因で次に多いのが、屋根と壁の際の部分、雨押さえ板金からの雨漏りです。
雨押さえ板金を取り付ける際に、コーキングしていることが多いのですが、そのコーキングが経年劣化により、ひび割れて、そこから雨漏りが発生します。 (外壁からの雨漏りも、このコーキングのひび割れや剥がれから雨漏りするケースが非常に多いです。)
 
壁を伝った雨が屋根に落ちる際に、この部分から雨漏りするのです。
基本的な対処方法としては、雨押さえ板金の個所のコーキングを打ち直すことで、解消はします。

 

しかし、先ほどと同じく、防水シートの腐食や、野地板の劣化が進んでいる場合は、葺き替えなども検討する必要があります。

屋上(陸屋根)やベランダからの雨漏り

陸屋根べランダ
屋上やベランダには、FRPやウレタン防水など様々な方法がとられていますが、10年も経過すると、防水性能は劣化してきます。
その際は、防水塗装をするなどの防水工事で対処します。

 

基本的に屋根は傾斜があるため、雨水は流れますが、陸屋根やベランダは多少の傾斜はあれど、水平に近いため、防水性能が劣化していると雨漏りに直結するのです。
 

雨漏りが起きたらまずは応急処置を!

雨漏り即日
これから来る梅雨シーズン。天気予報は一週間雨、ということが少なくありません。

 

でも焦らないでください。
屋根外壁修理センターでは、まずは応急処置として、屋根にブルーシートをかけて固定します。(強風時は不可)
これでいったん雨漏り被害を最小限に抑えたうえで、原因の調査を行い、いくつかの修理プランをご提示しております。

 

雨漏りが起きても、落ち着いて。
焦って高い買い物をしないようにだけ、気を付けてください(o^―^o)

 

雨漏りの際は、まずはお気軽にご相談ください。

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics