台風などの被害が起きたら・・・。

2019年8月28日更新

こんにちは!!

 

今日は静岡県内でもかなり広い地域で大雨となっていますが皆様のお宅は雨漏りや屋根の被害など大丈夫でしょうか??

 

藤枝でも1時間で49ミリの大雨で三島市では竜巻の被害まで報告されています。

この時期は台風や大雨強風などの自然災害に毎年悩まされる時期かと思います。

 

突然台風などの被害によって雨漏りが起きてしまったり、屋根材が破損してしまったりと我が家は大丈夫と思っている場合でも自然災害の場合はある日突然改修工事が必要になることもあります・・・。

 

 

そのためにも普段から点検を行っておくと補修や補強をしておくことが出来るので安心なのですが、実際定期的に点検を行っているお宅はあまり多くないのが現状です。

 

そこでもしも、ご自宅が台風や大雨、強風によって被害があった際に行っておいた方がいいことをご紹介いたします!

 

まずは屋根の破損や雨漏りなど異常を見つけた際には放っておいても大丈夫と放置せずに必ず、すぐに業者に連絡してください!!

雨漏りはもちろんですが、屋根の破損の場合でもそこから雨水が侵入してしまい被害を広げてしまうことにもつながるので必ず異常を見つけたら近くの業者に連絡してすぐに来てもらいましょう

 

 

もしも近くの業者に連絡を行っても台風などの時期はお問い合わせが殺到していてすぐにはお伺い出来ないこともあります。
そんな場合はほかの業者にも連絡してみてなるべく応急処置まで行ってもらうことがベストです

 

当社では台風シーズンや大雨などが重なった時期はすぐには工事に入れないのでブルーシートなどを屋根全体にかぶせさせて頂き応急処置だけを先にさせて頂くこともありますのでお見積りの際にご相談下さい

 

業者へのご連絡後、室内に雨漏りしている場合はコンセントなどの周りに雨水が入り込まないようにして頂き家電などもなるべく濡れないように注意してください。

 

コンセント内に雨水が浸入してしまうことが一番火災の原因となってしまうことがあるのでお気をつけてください

 

屋根の破損の場合は、近隣のお宅にも被害がないかご確認下さい!!

 

実は、強風の際に起こる屋根の被害はご自宅から飛んでしまった屋根材の破片が近隣のお宅の屋根にぶつかり破損させてしまうケースや、その逆の飛んできた屋根材の破片などで外壁や屋根が破損してしまうことなどもあります。

 

ご自宅の屋根材が飛んでしまっている場合はその破片が近隣のお宅にぶつかっていないなどを確認しておきましょう

 

 

この時期は台風もそうですが大雨や強風など自然災害によってお宅にどんな被害が起こるのか予想が付きません
なのでなるべく被害が起きた際にはその被害を広げないことを意識してなるべく早い行動を行いましょう

 

雨漏りや屋根の破損などを起こしてしまった際には是非当社までご相談下さい

 

m.n

 

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics