秋に塗装を行うのがいい理由!

2019年9月26日更新

こんにちは!

秋に入り、空気が乾燥してきましたがこの時期になるとだんだんとウイルスも増えてきて体調を崩してしまう方も多いと思います・・・。
空気の乾燥で肌も乾燥してきますが!この時期になると塗装では塗料がよく乾くので外壁や屋根の塗装にはぴったりな時期に入ります!!

 

一番塗装業者が塗装をおススメする時期は春ですがその次におススメしているのが秋です!!

春は気温も安定していて塗装が一番多くなってきますが、秋も気温が安定して梅雨が明けて雨の日が少なくなるので塗装に向いた時期になります

 

秋の塗装の一番いいポイントは、乾燥した空気に塗料の渇きがいい所です!

塗装は、気温5℃以下湿度85%以上の場合は行うことが出来ません!

これはメーカー規定で決められているものでパンフレットにも記載されているものです

気温が5℃以下、湿度85%以下では塗料の渇きが悪く施工不良の原因となる事もあるのでそもそも塗装は行ってはいけないのです。
もしも、強引にでも塗装を行う業者がいたらそんな業者は塗装の知識のない悪徳の可能性もあるので気を付けてください!!

そして、夏になると気温は5℃以下になる事も絶対にないので気を付けるは湿度のみです

 

ですが、夏場の塗装はメリットもあり中々おススメの時期ではありません・・・。

 

それは、夏場の気温が高いため塗装中の匂いがきつく感じてしまう場合もあります
塗装中は窓に養生してしまうので、窓を開けて夏を過ごしているお宅には窓を開けれない為きついかもしれません・・・。
塗装の前にこちらは注意点として前もって説明させていただきますが、思ったよりも塗装中は塗料の臭いが充満することもあるのでご注意ください

 

冬の場合は、塗装業者は閑散期なので比較的にすぐに工事に入れて予約も取りやすいと思いますが冬は気温の問題で5℃以下の場合はそもそも作業を行えません。
そして、夜露によって一日の作業時間も短くなってしまうので全体の工期も伸びてしまいます
冬に塗装を行う場合は、基本的に予定通りの工期は難しいものです

 

 

夏と冬には工期の問題や環境の問題、色々とデメリットの方が多いですが春と秋は気温が安定しているので工期も予定通り進められていきます

ただ、一番の問題が秋の塗装には台風の上陸や接近があるかもしれないということです

 

秋は一年で一番台風の上陸や接近も多いのでもしも秋の塗装をご検討中のお宅は台風が近づいてきたら少し工期が伸びてしまう可能性があります

もちろん、台風が近づいてくる場合は足場のネットは飛ばされないようにしっかりと対策を行い、臨機応変な対応を取らせていただきますのでご安心下さい!!

 

春と秋は塗装のお問い合わせが多くなってきますので、まずはお早めにご相談お待ちしております!

m.n

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics