積雪被害でも火災保険を!

2020年1月29日更新

静岡市では昨日までの日中の寒さが嘘だったように今日は良く晴れて日向にいると暖かい天気です!

まだ雪が積もっている地域もあると思いますが雪が積もっている地域は雪が解け始めたころに優先的に施工させていただきますのでご安心下さい

 

 

先週からの積雪の被害で雨漏りなどしてしまったお宅などもあると思います・・・。

そこで今回はそんな積雪の被害で起こる雨漏りに対して申請できる火災保険についてご紹介いたします

 

火災保険と聞くと火事の時にしか利用できないものとお考えの方もいらっしゃると思います。

ですが、火災保険は自然災害などで起きた雨漏りに対して利用することが出来るので落雷、雪、大雨、台風などの自然災害で起こったものなら申請をすることが出来ます

 

もちろんご加入の保険会社様によって詳細は異なりますが基本的には、雨漏り発生後3年以内であれば火災保険の申請を行うことが出来ます。

3年を過ぎてしまうと自然災害によってできた雨漏りなのか、経年劣化によりできた雨漏りなのかを特定することが難しくなるので必ず申請は3年以内に行ってください!!

 

雨漏りがまだ起きていない場合でも積雪の重みにより破損してしまった雨樋や屋根材がずれてしまった場合でも申請できます

 

ただ、雨漏りの場合でも火災保険が適用されないケースもあります!

経年劣化による雨漏り、ソーラーパネルを設置後の雨漏り、屋根塗装後の雨漏り、リフォーム後の雨漏りです。

こちらは自然災害ではないので各工事を施工した施工業者へ問い合わせてみてください

 

 

火災保険の申請では、主に施工を行う業者から見積書と現状写真をいただきそちらを保険会社へと提出し申請結果を待つ形になります。

 

業者への連絡⇒お見積り(御見積書と現状写真をもらう)⇒保険会社へ火災保険の申請連絡を行うという流れです

面倒だと感じ中々申請を行うのが伸びてしまうということもあるかと思いますが雨漏りに気づいてからできるだけ早い申請を行っておけば火災保険の申請が通りやすくなるのでなるべく早いお問い合わせをお持ちしております!

 

火災保険の申請等をお考えの方は是非当社へご相談下さい!

御見積から火災保険の申し込みのサポートまでお手伝いさせていただきます!

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics