隙間風対策

2020年11月10日更新

 こんにちは。

最近の静岡は昼間の日差しは暖かいのに朝と夜は寒く、

吹いてくる風は冷たいという変わった気温変化の毎日ですね。

もう暖房をつけ始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 この時期になってくると、気になるのが「隙間風」です。

現代の家づくりでは気密性が高い建て方をしていますし、

勿論のこと、技術も向上しています。

それでも、隙間をゼロにする!ということはなかなか難しいです。

部材と部材のわずかな間から冷たい風が入り込んできたり、

建物自体の年数経過による歪みなどで風が入ってきてしまいます。

他にも考えられる原因は、外壁のヒビ。

 外壁は、冷たい風から家の中を守る、最初にして一番効果のある門のようなものです。

例え小さなヒビでも、お部屋の温度はじゅうぶんに奪われてしまいます。

これは、お部屋の窓をほんの少しだけ開けてみると分かりやすいかと思います。

 

 隙間風が家の中に侵入すると、室温調節がむずかしくなります。

お部屋の室温調節は、特にペットや小さなお子様のいらっしゃるご家庭はとても大事。

冬は、暖房をつけていてもどこか寒く感じてしまい、暖房が追いつかないケースがあります。

ホットカーペットやヒーターも冷たい風には敵いません。

そうなれば暖房の方の設定温度を上げたりしがちですよね。

電気代が高くなるだけではなく、それは一時的にしのぐだけであって

来年も再来年も同じようなことが起こってしまいます。

 

 毎年の冬の電気代を多く消費するよりも、一度塗装を行いヒビを直してしまった方が、

これから先長い間、隙間風に悩まされることもなくなり、それだけでなく夏や梅雨の時期も快適に過ごせます。

強固な状態を保ち続けるには、本当はヒビが起こる前に塗装をしてしまうのがベストなのですが、

なかなか家周りのことは気づかないものです。

「あれ、ここの部分少しヒビ割れているかも」

「壁がそろそろボロボロだなぁ」

と思ったら、お早めにご相談ください!

また、冬を元気に乗り越える情報も発信していくので

チェックしてみてくださいね。

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics