現場レポート

静岡市葵区 I医院様 屋上防水工事②

2018年7月4日更新

本日は葵区I医院様の屋上の防水工事の様子を見学してきました!

本当に暑くて立っているだけでも汗が出てくるほどの暑さでしたが、職人さんたちはそんな中でもキビキビと作業を進めてくださいました!

前回の作業では防水シートを剥がしてみたらその下に約10cm程の水溜まりが出来ていたので全てシートを撤去して乾燥させました。

 

本日の作業はコーキングの打ち替え作業です!

 

シーリングとも呼ばれています、コーキングの打ち替え作業は防水工事置いてもっとも重要な作業です。

このコーキングは経年劣化や紫外線によってどんどん弱くなってしまいます。

コーキングがひび割れてきたり剥がれてきた場合はそこから雨水が浸入して雨漏りの原因となることもあるので約10年程経ったらコーキングの打ち替えを検討しましょう!!

 

コーキング打ち替え作業の工程としては、まずは既存のコーキング材を撤去していきます!

カッターなどでコーキングの外側を這わせていき、切込みを入れます。

コーキングの端を引っ張るような形で剥がしていきます

今回は屋上のコーキングの打ち替えなので養生作業などはしません。

外壁などのコーキングの打ち替えの場合はほかにコーキング材が付着しないように養生を行います。

 

既存のコーキング材が剥がれたら剥がした部分の埃やごみを取り除いて、プライマーと言って接着剤のようなものを塗ったら新しいコーキング材を注入していきます!

 

溝にしっかりと埋まるように注入していきます!

少しでも間が空いていたりすると雨漏りの原因になりますので入念に行いました。

 

コーキング作業が終了したら、通気シートを貼っていきます!

シートとシートの隙間から雨水が入り込まないように少しシートの端を重ねて貼りつけていきます!

入隅、出隅は雨水がたまりやすくここから建物内部に侵入しやすいので入念に行いました!!

 

 

 

今日は雨が降りそうな天気だったのですが、なんとか雨が降る前にここまで作業できました!

 

 

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics