現場レポート

静岡市葵区 N様邸 屋根カバー工法②

2018年8月28日更新

静岡市葵区N様邸の屋根カバー工事も順調に進んでおります!!

 

前回のカバー工法①では防水シートを貼りつけた所の作業まで行ったので次はその防水シートを貼りつけた上に屋根材を付けていく作業です!!

 

今回は福泉の金属ルーフを張りつけていきます

金属屋根は上下をひっかけるようにはめながら防水シートの時同様、雨水の侵入を防ぐために隙間なく上から下にかぶせるようなイメージで屋根材を取り付けていきます。

 

 

 

 

新しい屋根材の色はグリーンでとても可愛らしい屋根になりました!

前回の現場レポートでも書いたのですが、屋根のカバー工法は下地が痛んでいる状態の屋根は葺き替え工事しかできません。

そのわけは下地がきれいでないとビスがしっかりと固定できないからです。

傷んでいる状態の下地に新しい屋根材を固定しようとしてビスを打ち付けても不安定なままになってしまうのでこのまま状態だと強風に吹かれてすぐに屋根が飛んでしまいます。

下地の状態をみて、雨漏りしていないお宅にしかカバー工法はできません!

なので屋根の工事費用を抑えたい場合はなるべく早くご相談ください

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics