現場レポート

静岡市葵区 A様(倉庫)床面止水工事①

2018年11月7日更新

今日からA様の倉庫の床面の止水工事が始まりました!

 

床クラック(ひび割れ)の補修を行います。

倉庫の外なのですが、亀裂部分が複数あったので補修します!

 

クラックの原因は複数あるのですが、クラックを放置すると建物の強度が低下してしまい地盤沈下が発生する可能性があります。そして住宅の重量を基礎が支えきれなくなり傾いてしまうので、クラックは放置せずにしっかりと補修しましょう!

まずは、専用の機器を使ってクラック(ひび割れ)があるところにV字型に溝を掘ります!

これによって止水セメントが充填しやすくなります。

補修材が接着する面積が広くなることにより、充填材の定着がより確実になります!

 

 

 

外からの雨水浸入を防ぐため亀裂部から試験注入

地盤沈下が激しく、クラックが多い状態なので倉庫内に雨水が浸入しないように工程を試しています!

 

 

このクラックを放置していると、隙間から雨水が浸入してしまい内部の鉄部分をサビさせてしまったりします。

クラックができる原因も構造的、施工的、使用的、仕様的、設計的と様々な理由があります!

構造的は紫外線や気温差などでコンクリートが伸縮してできるものでこちらはどのお宅にもできるのものです。

施工的とは、施工不良などが原因で起こるものです

 

クラックの種類により、工事の方法など変わってきますが放置しておくことで雨水が内部に浸透していき劣化を招くので外壁のクラックの場合でも目立ってくるようになったら改修工事を検討するようにしましょう

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics