現場レポート

静岡市葵区 A様(倉庫)

2018年11月9日更新

今日は静岡は一日大粒の雨がたくさん降っています・・・。

ですが、A様(倉庫)は室内なのでどんどん工事を進めています!

今日も床クラックの補修工事作業中です!

床クラックは、地面に亀裂やヒビが入ってしまっている状態の事をいいます

A様の倉庫は広い倉庫なのでとてもクラックの補修だけで大変そうです!

今回は床クラックの補修なのでずっと屈んだままで作業を行うので職人さんたちの体制も辛そうでとても大変そうな補修作業です・・・。

 

 

倉庫はフォークリフトや台車などが重たい荷物を積み、上下左右忙しく動き回るのでフォークリフトや台車などの重さに耐えれるような強度の床が必要です

また、床だけではなく、床クラックの存在でフォークリフトや台車などのタイヤも傷つけてしまう恐れがあるので倉庫内の床クラックはしっかりと補修したほうがいいです!

床クラックを放置したままだと、フォークリフトなどのタイヤも倉庫などの床も急激に劣化してしまいますので床クラックが多くなってきたら早めに補修工事を考えたほうがいいかもしれません!

↑上の写真がA様倉庫の床クラックの補修前の写真です!

このひび割れが倉庫全体に複数あります。

亀裂部分の幅が2.3cmほどになっているものもありかなり危険な状態でした

そして、今日みたいな雨の日はこのクラックのところから雨水が侵入してきます・・・。

そして、雨の日にしかわからないのですがなんと樋から大量の雨水が直接落下してきています。

雨樋の意味がなくなってしまっています・・・。

 

雨樋の損傷をそのまま放置しておくと、地面が土やコンクリートなど関係なく高さ数十メートルのところから水が落ち続けるのでかなりの衝撃になります。

地面はどんどんえぐれていってしまい、コンクリートも時間が経てば削れて行ってしまいます・・・。

そして、何より一番怖いのが放置したままでいると地盤も緩んでいき建物が傾くかもしれません!

それを防ぐためにも雨樋は大切なので、たかが雨樋位でと放置せずに損傷してしまった雨樋は風などにも弱くなるのですぐに修理するようにしましょう!

 

 

 

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics