現場レポート

w様邸 コーキング打ち替え工事

2019年5月24日更新

先日外壁、屋根、基礎などお宅の全面を塗装工事させていただいたW様邸のコーキングの打ち替え工事をさせて頂きました!

 

今回、外壁面と基礎の間をコーキングの打ち替えでさせて頂きました。

 

コーキングの補修には2つの工法があり一つはコーキングの打ち替えでもう一つがコーキングの増し打ちです。

 

コーキングの打ち替えとは既存のコーキングを撤去して新しいコーキング材を打ち直すものです。

コーキングの増し打ちとは既存のコーキングは撤去せずその上から新しいコーキング材を打つ工法です

 

費用は打ち替えの方が既存のコーキングを撤去するので処分費用とコーキングの材料代が多くかかります

 

増し打ちは費用はあまりかからないのですが、既存のコーキングが劣化していないこととコーキングの厚みを10mm以上確保できる場合のみに補修できる工法です。

 

 

今回W様邸はコーキングの打ち替えで補修を行うのでまずは外壁と基礎部分にコーキング材が付着しないように養生テープで端を養生していきます!

こうすることでコーキング材がはみ出していてもテープを剥がせばいいので美しく見栄え良く補修できます

 

そしてカッターなどを使用してきれいに剥がすようにコーキングを撤去していきます

 

 

 

 

 

コーキングガンを使用して多めに打ち込んでいきます

中に空洞ができてしまわぬようにここでは十分にコーキング材を乗せていきます

縦の場合は下から上へ持ち上げるように打ち込んでいきます。

 

 

十分に打ち込むことが出来たらヘラで均等になじませていきます

 

コーキング材が乾いてしまう前にヘラで馴染ませたらすぐに養生テープをはがします

コーキング材が乾いてしまってからだときれいに剥がせず馴染ませたコーキングも一緒に剥がれてしまうことがあるので必ず乾ききる前に剥がします。

 

 

コーキングの打ち替えはとても簡単にできる為ご自分で行うお宅もあるのですが、失敗して外壁を傷つけてしまったりしっかりとコーキングで溝を埋めることが出来ずに隙間ができてそこから雨水が浸入してしまい雨漏りを起こしてしまうこともあります・・・

 

そうなってしまうとコーキングで安く工事が出来ても雨漏りの改修費用が掛かってしまうのでご自分でのコーキングの打ち替えはあまりお勧め致しません(;_:)

 

コーキングは亀裂が入ってしまうと雨漏りの原因となるので必ず定期的に点検して補修を行うようにしましょう!

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics