現場レポート

静岡市葵区 K様邸 屋上防水工事②

2019年8月22日更新

本日静岡市葵区K様邸の屋上防水工事が完工致しました!!

 

屋上の半分ずつ作業を進めていったので工事期間は全てで約2週間程かかってしまいました
鉢植えなどの屋上にあったものを左右どちらかにまとめて開いたスペースを施工していったので2週間程かかりましたが、片面のみの施工の場合は約5日程で完工しました。

 

 

前回足場の設置作業と既存の防水シートの撤去を行ったところまでご紹介したので今回は防水シート撤去から完工までの様子をご紹介いたします

 

 

 

まず既存のシートが撤去出来たら次の日からプライマーの塗布作業に入りました。

 

プライマーとは、下塗り材の事でこのプライマーを塗布することでこの後重ね塗りしていくウレタン防水材と屋上の面の接着がよくなります

このプライマーを塗布しないで施工してしまうとウレタン防水材自体には密着性がないので、約2,3年で防水層が剥がれてしまいます。

そのためこのプライマーの塗布は塗りムラや塗り残りの無いように十分に塗っていきます。

 

 

プライマーの塗布後は約半日乾燥させます。

プライマーを塗布した面にウレタン防水材を塗布するのですが、このウレタン防水材は充分な厚みの防水層を作るために2回塗りしていきます。
一回目を塗り終えたらまた半日程乾燥させてから2回目を塗布していきます

 

 

塗装もそうですが、ウレタン防水も乾燥の作業が入るのでなるべく日中の間に塗ってその日のうちに乾燥させるようにします。
屋上は雨が降ってきたらすぐに濡れてしまうので天気予報はしっかりとチェックする必要があります!!

 

今回の施工中には雨が降ってきませんでしたが山に近いお宅だと天気が変わりやすく施工中に突然雨が降ってきた!なんてこともあるので油断はできませんが・・・。

 

 

さて、ウレタン防水材を2回塗りして乾燥させてから最後にトップコートを塗布します!

トップコートは防水層を守るための物なので防水性はありませんが、屋上に照り付ける強い紫外線から防水層を守ってくれます。

 

今回の葵区K様邸は施工から約8年程でトップコートの塗り替えが必要になるのでもしもウレタン防水で工事をご検討中のお宅はトップコートの塗り替えまで同時にご検討下さい。
現在ウレタン防水で施工されているお宅もトップコートの塗り替え時期には差があるので5年程経っている場合は一度点検を行ってください!!

 

 

 

静岡市葵区K様邸の屋上防水工事は本日で完工しましたが、K様邸はJIOリフォーム瑕疵保険も申請中なので後は完工検査の日時を合わせるだけとなりました。

 

JIOの完工検査が適合となれば約1週間ほどで保険証券が届きますので工事後も安心できると思います

 

 

工事のビフォーアフターの写真なども施工事例に載せていくので是非ご覧ください

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics