現場レポート

静岡県藤枝市 H様邸 付帯部塗装②

2020年2月14日更新

本日のH様邸は、鼻隠し、軒樋、縦樋、の中塗り塗装をしました。

 

鼻隠しというのは、屋根の先端部分の事で樋がつく方の軒先の先端に設置する、横板状の部材を鼻隠しといいます

鼻隠しは、雨樋の支持金具を取り付ける場所でもあり、雨樋の下地材の役目も果たしています

 

雨水が屋根の内部にしみこむのを防いだり垂木や野地板の切り口が雨水により腐食するのを防いでくれたりしています。また、鼻隠しは屋根の耐久性も高めてくれています

雨樋を固定するところとして鼻隠しは最適です。

もちろん、垂木などにも取り付けることは可能ですがちょっと複雑になってしまいますし、風に弱いものになってしまうでしょう。
鼻隠しは雨樋の取り付けのためにも必要なのです。

↓↓H様邸の鼻隠し部分が青の矢印のところです。
ちょうど足場と重なって見えずらいと思いますが・・・。

 

 

 

 

軒樋というのは、屋根の軒先に設置された雨樋のことをいいます。軒樋は屋根に降った雨水をスムーズに寄せ集め、地面の排水口へと排水する役割を果たしています。雨水の侵入以上に建物が腐食することを避けるのが役割です。

軒樋の形状には、 半丸型と箱型があります。
半丸型には、軒樋を支持金具という金属の支柱で止めている為に、台風や雪などで支持金具が曲がったり、破損する可能性があります。

箱型には、排水機能に優れているのが特徴です。
降水量が多い地域や雨樋の詰まりや破損を気にされる方に適しています。

軒樋は、屋根の軒先に取り付けた横向きの長い建材で、その構造は雨水を受けて流せるよう筒状になっています。
軒樋は、軒先に横向きに付くにもかかわらず横樋とはいいません。

 

 

屋根から軒樋に集められた雨水を地面まで流す縦になっている雨樋のことです。
具体的には1階や2階外壁に沿って垂直方向に設置されてる筒状や鎖状の雨樋が竪樋です。

通常、「集水器」「エルボ」「呼び樋」で構成されています。

軒樋が横に対して縦樋は縦向きの長い建材です。

なので 軒樋が横向きであり、竪樋が縦向きと覚えると覚えやすいです。

 

 

残りは明日行います!!
残り僅かでH様邸も完工となります
風が強くて寒い日が多いですが、毎日のように暖かいコーヒーなどを差し入れでくださっているので体も心も温まりここまで体調を崩すことなく作業出来ました

残すところ後わずかですがこのまま最後まで気を抜かず作業致します!

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics