現場レポート

静岡市清水区 Y様邸 大谷石塀改修工事③

2020年4月30日更新

本日は静岡市清水区Y様邸で大谷石の補修工事の続きを行っております!!

 

前回の作業から少し日が空いてしまいましたが、材料の大谷石がかなり重く量もあるので現場に運びだすだけでもかなりの一苦労でした

 

 

このような形で材料である大谷石が届くのですがこれがかなりの重量で石なので落とすと割れてしまうため細心の注意を払って運んでもらっています

 

 

 

昨日からY様邸の大谷石補修の作業を行っているので昨日の作業からご紹介いたします!

 

まずは昨日は大谷石の貼り付け作業を行いました!

 

 

↑まずはきれいに整えた表面に大谷石を張り付けていきます

 

 

大谷石を張り付ける為にセメントを作っていきます

 

 

砂とセメントを混ぜてモルタルを作っていくのですがここで水を入れながら水分が多くならないように様子を見て混ぜていきます

 

塗料の調合もそうですが、セメントと砂、どちらかが多くてももちろんダメですし、水が多すぎても少なすぎてもしっかりと固まらないので分量が大切です!

 

 

↑↑完成後のモルタル)

 

モルタルが完成したらまず側面から薄い1.2cm程の大谷石をきれいに削った表面にモルタルを塗り張り付けていきます

 

 

大谷石同士の隙間は1cm程空けて乾燥させます

乾燥するまでは重さで大谷石がずり落ちてきてしまうので間に段ボールを挟んで固定して乾燥させます!!

乾燥後に抜き取ります

 

 

昨日行った作業はここまでの表面の大谷石の貼り付け作業です

 

本日行った作業は、目地補修作業と塀の一番上部分の大谷石の設置作業です

 

塀の上部分は昨日使用した薄さが2.3cm程度のものとは違いかなり重量感のある長方形に加工してあるものです

 

まずは設置する箇所にモルタルを少し厚みを付けて乗せていきます

こちらは大谷石の重さで少し押されて密着されて固定されます

 

このモルタルが乾燥すると固まるなんて驚きです!!

 

大谷石をモルタルの上に乗せたら大谷石の上に水平器を乗せてまっすぐになるように調整していきます

斜めなまま乾燥してしまうと強度も良くありませんし美観も良くないのでここではゴムハンマーを使用して斜めな箇所はたたいて表面は均等にさせます!!

 

 

大谷石を全て取り付けたら目地にモルタルを埋めていきました!!!

 

 

 

今日の静岡はかなり陽射しも強く気温も高かったので暑い中重たい大谷石を運んで張り付けてくれた職人さんたちは本当にお疲れ様でした!!

 

最後に清掃をして施主様に確認して頂いたので、本日でY様邸の大谷石補修作業は完工となります!

 

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics