現場レポート

山梨県北杜市 S様別荘 屋根改修工事①

2020年6月20日更新

前回は軒天工事について書かせていただきましたが、

今回はいよいよ屋根の改修工事が始まりました!

 

屋根の状態ですが、「同じ建物なの?」と思う位場所によってかなり違いが出ていました。

日当たりが木々に遮られている所は湿気がこもり、

劣化がひどくなってしまっています。

屋根葺き材はスレートですが、全体的に劣化してしまっているのが

写真でも分かると思います。

そして割れてしまっている部分もありますね。

苔まで生えてしまっています・・・。

 

割れてしまった部分は雨漏りの原因になるので、新しいものに交換します。

また、屋根ふき材の下には雨水の侵入を防ぐため、防水シート(ルーフィング)が敷かれています。

 

屋根の構造を外側から見ていくと、まず屋根葺き材(今回はスレートです)があり、

これは大まかな雨水を下に落とす役目もっています。

次に、防水シートがあり、屋根葺き材の隙間から入ってきた雨水を防ぎます。

そしてその下に屋根の下地があります。

雨漏りしないために二重で雨水を防いでいるわけですね!

防水シートも必要な部分だけ交換していきます。

 

足場が組んであり見えにくくて申し訳ありませんが、緑色の部分が新しい防水シートです!

今回の屋根に使用されているスレートですが、いろいろな形状があり、

かなり多くのお住まいに使用されています。

デザインが豊富でカラーバリエーションもあり、洋風和風両方の家に合わせることが出来ます。

お値段も重さも瓦の約半分です。

施工や加工がしやすいというメリットもあります。

 

一方デメリットとしては、今回のようにひび割れしやすいという特徴があります。
もともとの材料がセメントや粘土など、軽めの石でできていますので、
設計や施行のミスがなくてもひび割れしやすい作りになっているのです。
スレート屋根は見た目がきれいで汚れも目立たないため、ひび割れに気づかないこともあります。
「ヘアークラックと呼ばれる目に見えないひびが入っていた」なんてケースもあるそうです。

スレートの寿命は25年程ありますが、表面の塗装が剥げてしまうので

定期的なメンテナンスが必要となります。

 

ですので次の作業は屋根塗装です!

もうしばらくお待ちくださいね!

 

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics