現場レポート

藤枝市 S農園様 屋根改修工事①

2020年7月2日更新

S農園様から屋根のポリカーボネート板の張り替えのご依頼を頂きました。

ありがとうございます!!

今回使用したのは、ポリカ―ボネートの波板です。

文字通り、断面が波型の板で、素材がポリカーボネートとなります。

ポリカーボネートの一番大きな特徴は、衝撃強度です。
ポリカはガラスの約200倍、塩ビ(波板)の20倍以上の強度があると言われています。

塩ビに比べて頑丈で、しかも柔らかいです!

また、加工がしやすいというメリットもあります。

(他の素材ですと、現場で切断するときに割れてしまったりするそうです・・・)

穴あけなどの加工に対しても強度があり、修繕にも適しています。

DIYの資材や、カーポートやテラスの屋根材としても人気があります。

そして、カラーバリエーションや光の透過率なども選ぶことが出来ます!

 

 

今回のS農園様の屋根は、もともとポリカ波板なのですが、

経年劣化によって変色してしまっています・・・。

 

奥の黄ばんだポリカ波板が元々の屋根材で、

手前の白いポリカが新しく張り替えたものになります。

 

先程ポリカの良い所をたくさん挙げましたが、

やはり屋根は厳しい環境下にあるので経年劣化は避けられません・・・。

(塩ビの取り換え目安は2~3年に対して、ポリカーボネートは約7~10年と言われています)

 

劣化してしまうと波板が変形してしまい、強風で飛散してしまうことがあります。

今回は台風シーズン前のご相談で、本当によかったです!

また、割れや欠損による雨漏りにもつながってしまいますので、

計画的に交換をしていただいた方がいいと思います。

 

下穴をあけ、ビスで順番に固定をしていきます。

 

ポリカーボネートは強度があるとはいえ、

高所の作業になるのでとても大変そうです。

7月に入り、雨が急に降ってきたりということもしょっちゅうです。

屋根は傾斜があるので、職人さんでも注意して上がらなくてはいけない所なのですが、

少しでも雨でぬれてしまうととても危険です!

この日は晴れだったので良かったですが、天気予報のチェックは必須です。

安全に気を付けて作業を進めてほしいです!

 

 

 

 

 

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics