現場レポート

牧之原市 H様邸 屋根葺き替え工事②

2020年7月22日更新

前回の作業は古い瓦や下葺き材を取り除き、

コンパネという合板を下地にしたところまででした。

 

今回はルーフィングの作業に取り掛かります!

 

ルーフィングとはルーフィングシートの事で、屋根の下に敷く防水シートの事です。

屋根下葺き材とも呼ばれています。

 

屋根材の下に隠れてしまうので普段は全く目にすることはできませんが、

実は屋根材以上に重要な建材です!

ルーフィングをしっかり施工しないと、

雨漏りや屋根内部の腐食の危険性がとても高まってしまいます。

 

ルーフィングの主な役割は防水です!

 

屋根材(瓦、カラーベストなどなど・・・)

で防ぎきれずに屋根材の下に侵入してしまった雨水を、

ルーフィングが外に排出します。

乱暴に言ってしまえば、瓦が欠けても、スレートが割れても、防水シートがしっかりしていれば

雨漏りは起こらないのです。

 

新築工事や改修工事でしか見かけることが出来ないルーフィング・・・

外からは見えないので、劣化は気づきにくいのですが

寿命はおよそ20年と言われています。

 

劣化すると穴が空いたり破れたりしてしまい、雨漏りしてしまうかもしれません・・・。

そろそろかな、と思ったら、雨漏りで困ってしまわないように

一度ぜひご相談くださいね。

 

今回のH様邸は、下葺き材の杉皮と土の上に瓦が乗った構造でした。

瓦の撤去後は瓦葺きに戻すのではなく、トタン屋根に改修します!

 

まずはルーフィングの作業です。

防水シートをコンパネ板の上に敷いていきます。

ルーフィング、きれいに出来ていますね!

シートは重ね代を十分とることで防水性が高まりますので、

その点に注意しながら下の方からシートを順番に重ねていきます。

そしてタッカーと呼ばれる、ホチキスみたいな工具を使い

野地板に固定していきます。

 

下屋(一段低いところにある屋根)も錆びていましたが、

きれいに塗装されています。

 

錆を放置すると、どんどん腐食されて強度が落ちてしまいますが、

塗料で塗膜を作ることで紫外線や風雨などから屋根材を守ってくれます。

もちろん見た目もぐっときれいになります。

母屋のトタンををブラウンにする予定ですので、同じ色で塗装しました!

 

次はいよいよ屋根材を載せていきます!

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics