現場レポート

静岡市葵区 Y様邸 屋根改修工事

2020年9月29日更新

Y様からは雨漏りのご相談でお電話をいただきました。

以前他の業者さんに修理をお願いされていましたが、雨漏りがまだ続いていたそうです。

 

屋根はきれいな色の陶器瓦葺きです。

独特のつやがあって、とてもすてきですね!

 

陶器瓦は、粘土瓦の一種です。粘土を瓦の形に成型し、そこに釉薬(うわ薬)を掛け、

窯の中で高温にして焼き上げた瓦のことを陶器瓦といいます。

和風、スパニッシュ風など、色々な形状があります。

 

陶器瓦に見られる代表的な3つの特徴は・・・

 

①陶器瓦の寿命は半永久

古代の陶器が発掘されることがありますね。

陶器製であるということは、強い衝撃が加わらない限り、その寿命は半永久的です。

 

②メンテナンスが不要

瓦の表面にある釉薬がガラス質になっているので、水を弾きます!

そのため雨水が浸透することがありません。

長い年月を経ても、美しい状態を保つことができます。

 

③色が豊富に選択できる

釉薬を変化させることにより、色や自在に変更することができます。

専門の瓦工房では、65色以上から選ぶことができます。

ガラス質でカラフルな色合いが特徴です。

 

 

さて、Y様邸の瓦ですが、昔ながらの土葺き(つちぶき)工法で載せられていました。

杉皮を敷いた上に土を載せ、その上に瓦を葺く方法です。

今ではほとんど使わない工法ですが、

昔は大量の土によって瓦を固定させ、屋根の重量が大きくなることで

建物が安定するメリットがありました。

 

今回は部分的な改修をすることになったので、

改修部分の瓦を外していきます。

また、瓦の下の土も取り除いていきます。

屋根の端部に針金がついていますが、瓦を固定するためのものです。

 

土をきれいに取り除いたら、ルーフィングをしていきます。

防水性のシートを敷くことで、雨水の浸透を防ぎます。

 

それから瓦を戻し、コーキングをします。

 

瓦を固定するために、端部の瓦だけビス止めしていきます。

(ビス止めするために木材で下地の強度をあげてあります)

瓦は組みながら並べられているので、端だけ固定してあげれば

中央の瓦も固定され、飛んだりすることはありません。

雨漏りによる屋根修繕工事は半日で完工となりました。

 

Y様、ありがとうございました!

 

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics