現場レポート

静岡市駿河区 S様邸 外壁修復工事②

2020年10月7日更新

コーキングの劣化と外壁材破損部分があるので、

修復の為、外壁材(サイディング)を切断します。

 

丸のこを使って切断したのですが、集塵タイプではなかったため

職人さんは粉塵で真っ白になってしまったそうです・・・。

 

切断すると、内部の木材が劣化しているのが分かります。

写真の外壁内側にあるのが胴縁(どうぶち)に使われている木材です。

胴縁とは外壁材の内側に敷く下地材です。

ヒビがたくさん入ってしまっていますね・・・。

このままでは新しい外壁材が付けられないので、胴縁も部分的に新しいものに交換します!

胴縁はサイディングを固定する役割だけではなく、

通風層を作る役割もあります。
わずか数センチの板の厚みが建物の断熱性と耐久性を改善させ、

雨漏り被害を抑える効果をもたらせてくれます!

 

胴縁には横方向に取り付ける場合と、縦に取り付ける場合があります。

縦方向に取り付ける胴縁を縦胴縁(たてどうぶち)と呼び、

横方向に取り付ける胴縁を横胴縁(よこどうぶち)と呼びます。

今回は他の部分に合わせて縦胴縁にします。

 

基本的に胴縁は横胴縁より縦胴縁が優れていると言われています。

空気は温まると上昇することから、下から上へと移動して排気されます。
その一方、雨水が入り込んだ場合は上から下へと流れて排出されます。
縦胴縁であればスムーズに空気と水が移動し、流れが遮られません。
通気が機能しやすい構造ということですね!

その結果、下地の腐食が起こりにくく、雨漏りも生じにくいです。

いいことずくめですね!

 

一般住宅だと木材の胴縁を使うのが一般的ですが、

木材だと多少の差こそあれ経年劣化が起こってしまいますので、

今回は樹脂製の胴縁を使用します!

 

樹脂胴縁をビスで固定していきます。

また、S様邸は外壁の一番下の部分に胴縁が入っていなかったようなので

その部分も丸のこでサイディングを切断し、樹脂胴縁を取り付けていきます。

こちらは水切りに沿って、横向きに取り付けます。

縦の胴縁と横の胴縁がくっついていないのは通気性を良くするためです。

本当に白い粉だらけですね・・・。

職人さん達、お疲れさまでした!

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics