現場レポート

静岡市清水区 F様邸 屋根改修工事①

2020年10月20日更新

F様のお宅は屋根に明り取りの窓があるのですが、

その天窓付近から雨漏りしているということでした。

 

 

壁紙がはがれてしまっていますね・・・。

ただ、屋根を調査したところ、屋根の内部が腐食してしまっていることが分かりました。

 

まず、天窓付近の木材が雨漏りにより悪くなってしまっています・・・。

この写真は屋根の上から撮ったものです。

 

天窓は、一工夫した施工をするためにどうしても雨漏りのリスクは高くなります。

経年劣化でルーフィング(防水シート)に穴が空いてしまったりすると、

そこから雨水が侵入してしまいます。

 

野地板(屋根葺き材の下にある板)を新しい木材に交換します。

かなりきれいになりました!

 

ただ、他の部分も腐食してしまっていたんです・・・。

 

屋根のてっぺんの板金を棟板金(むねばんきん)というのですが、

その下にある貫板(ぬきいた)が腐ってしまっていました。

手で触ると、ポロポロと崩れてしまう状態だったそうです・・・。

 

このまま外側だけきれいにしても、内部の腐食は進んでしまいます。

傷んだ木材を交換するために、棟板金をはがさなければいけません。

また、スレートも劣化していたので、全面葺き替えすることになりました。

 

貫板には木材が使用されることが多いです。
貫板が劣化すると、棟板金の釘・ビスが抜けて固定する力が弱くなり、
強風で棟板金がはがれたり飛散する危険性が増します。
棟板金は屋根の頂点に取り付けられていて、真っ先に雨を受け止める場所です。
なので、雨漏りの危険性が高い場所でもあります。
雨漏りが続くと、柱や梁などの重要な部分に
ダメージを与えることになってしまいます。
 
腐った貫板や、劣化したスレートなどを撤去します。
全体に新しいルーフィングを取り付けていきます。

 

 

実は、雨水は屋根葺き材だけでは防ぎきれません。

台風などの大雨や、梅雨の長期の降水があると、雨水がどうしてもはいり込んでしまいます。

屋根葺き材が防ぎきれなかった雨水を、

ルーフィングが防水してくれるのです。

 

ルーフィングは建物本体や柱などを雨から守る、重要な建材なんですね!!

 

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics