現場レポート

静岡市清水区 F様 屋根改修工事②

2020年10月31日更新

前回の屋根改修工事②では、屋根の防水の要となるルーフィングを取り付けました。

今日はいよいよ屋根を葺いていきます!

 

皆さんは屋根材がどのような役割を果たしているのかご存じですか?

雨漏りを防ぐための一次防水をしているのが屋根葺き材です!

まず屋根ふき材が雨水をそのまま雨樋に排水します。

 

しかし屋根材ですべての雨水を防ぎきれるわけではありません。

屋根葺き材から中に入ってしまった雨水は、

下に敷いてあるルーフィングが二次防水してくれるわけです。

屋根葺き材には瓦、スレート、金属屋根などがあります。

 

F様が選んだのは、スーパーガルテクトという金属製の屋根葺き材です!

ガルバリウム鋼板という素材で作られていますが、

従来のガルバリウム鋼板のデメリットを軽減した屋根材です!

金属屋根として主流となっているガルバリウム鋼板ですが、金属である以上サビを完全に防ぐことはできません。
 
しかし、ガルテクトはこれまでのガルバリウム鋼板に比べ約3倍サビにくいという特徴があります。
 

軽量なので建物への負担も少なく、耐震性にも優れています。

カバー工法にもおすすめの屋根材です。

 

更にこの製品は、屋根材の端から端までみっちりと断熱材が貼られており、

鋼板と断熱材が一体化した金属板です。

 
設置する際に、屋根材と屋根材をかみ合わせる部分(嵌合部)まで
しっかり断熱材が貼られています。
そのため断熱性はもちろん、高い遮音性も可能になっています。
金属屋根で不安な「うるさい雨音」も軽減してくれます。
降水量が1時間100ミリの様な豪雨でも、
室内での雨音はささやき声程度に軽減することができます!
 

褪色もしにくく、フッ素加工されているので塗膜の耐久性もあります。

 
 
軒の方からガルテクトを固定していきます。

重ね代があるのですが、その部分がしっかり組むような構造になっていて、

雨水が内部に入るのを防いでくれます。

屋根の形に合わせて不要な部分は切り落としていきます。

軽い屋根材なので、加工や運搬もとても楽なんだそうです。

 

とてもきれいに仕上がりました!

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics