現場レポート

静岡市葵区 T様邸 外壁修復工事

2020年11月14日更新

T様のお宅は、モルタルの外壁材を使用しています。

経年劣化などにより、サッシの上に大きなひび割れが出来てしまっていました。

 

モルタルは1970~1980年に流行した外壁材です。

戦災や震災で防火仕様の外壁が求められるようになり、

住宅の洋風化が流行ったこともあり全盛期を迎えました。

 

モルタルとは、セメント1に対して砂を3の割合で混ぜ、

水を練り込んだ建築材料です。

継ぎ目の目地が目立たないので高級感のある仕上がりになります。

 

モルタルのデメリットはやはり、ひび割れしやすいことです。

ひび割れは建築用語で「クラック」と呼ばれています。

 

細いクラック(幅0.3ミリ以下)だと、内部の鉄骨が錆びることは無いので

急いで補修することはありません。

 

しかし今回のT様邸のように、幅0.3ミリ以上のひび割れだと

雨水の侵入率が高まります。

そのまま放置しておくと、建物内部が腐食したり鉄骨が錆びることもあります。

ここまで大きなクラックだと、ただ隙間を埋めて終わりというわけにはいきません。

 

まず、壁のモルタルをある程度取り除いてしまいます。

工具を使ってモルタルを崩すのですが、

職人さんはモルタルの粉だらけになってしまったそうです・・・。

 

その後モルタルを使って修復します。

 

 

 

続いて塗装をしてきれいにします。

塗料を塗ると、修復部分は目立たなくなります!

 

 

近くで見ないと分からないような細いクラックでしたら

通常の塗装だけでもカバーできる場合があります!

ご自宅のひび割れが気になる、という方がいらっしゃいましたら

是非早めにご相談くださいね!

御見積りは無料です!!

 

モルタル外壁のひび割れチェックリスト

 

①クラックの深さはどのくらいですか?

塗膜だけの割れか、あるいはモルタルもひびが入ってしまっているかどうか

チェックしてみてください。

モルタル外壁は厚みがあまりないため、少しのひび割れでも雨漏りしてしまう

可能性があります。

 

②クラックの幅はどのくらいですか?

0.3ミリ以下なら慌てることはありません。

それ以上(名刺がすっと入るくらい)の幅でしたら、ぜひご相談ください!

構造に影響を及ぼす可能性があるひび割れです!

クラックが広がる前に専門家に見てもらいましょう。

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics