騙されないリフォームのための実例

2018年10月9日更新

外壁の悩み、内装の悩みなどなど・・
人の悩みに付け込む悪徳リフォーム。
未だに、ここ静岡県でも被害はあとを立ちません。

今回は、施主様がお話くださった、悪徳業者のお話をしたいと思います。

リフォームが終わった後、家族みんなで喜びを分かち合いたいですよね!!

大切な家族やお家のためにも知っておいて損はない手口をお伝えいたします。

今回は、【不安を煽る手口について】です。

◆実例◆
静岡県牧之原市であった実例です。屋根の無料点検と言われ、一度は断るものの、業者が引き下がらない。

誠実そうな青年は、【あなたの家のためにここで点検させてください】

と必死に訴えてくる。

 

色々な悪徳な手口を聞いたことはあったが、

この青年なら嘘はつかないだろうと思いすっかり彼を信用してしまった。

 

「屋根がずれていました」「少しの地震でも屋根が落ちてしまうところでした」

などと言われて不安になる。

「次の台風で屋根が・・危険ですね。この写真をみていただけますか?」

そして屋根を写真を提示された。

ずれてしまった無残な屋根の写真だった。

「今こんなお宅が多いんです。今すぐやらないと・・屋根がダメになります。」

次の台風が発生したニュースを思い出す、もし屋根がダメになってしまったら、

屋根が飛んでしまったら・・そんな不安がよぎる。

その結果業者を信用してしまった。

そしてその場で代金を支払い、工事日を設定。しかしながら、工事日。

待てど暮らせど業者はこない。連絡も取れない。


いかがでしょうか。

地震や台風が多い昨今。

いつくるかわからない災害に怯える日々を過ごしている方も多く

ついつい不安を煽られてしまうもの。

この業者の場合は、工事もしてないため完全な詐欺ですが中には、

特に役にたつかどうかもわからない杜撰な工事をして帰る業者もいます。そのため要注意です。では、どうやったら対処できるのでしょうか。

まずは、屋根の点検をさせないことが大前提となりますが、

それでも屋根の点検をさせてしまった場合。
こう聞いて見てください。
近所の家をリフォームしたことはあるのか?
あるなら具体的な場所は。
さらに知り合いの名前がでた場合は、実際に聞きにいってみる。
明日聞きにいくなどと返事
電話で聞いてみるなどと返事をして見てください。
悪徳リフォーム会社はデタラメを言っている場合も多いため、
本当にリフォームをしたことがなければ、
この時点で退散していくものと思われます。
■自宅の屋根と業者が見せてきた写真の屋根が本当に同じかよく確認する
通常屋根の工事の場合は、事前にいくつか屋根の写真を撮影します。
そのため何枚か写真を見せてもらいましょう。
日本の屋根はよほど特殊ではない限り、どこも似たようなもの。
しかし背景の景色、そして太陽のあたり具合など周りにも注意して何枚か写真を見せてもらうことです。
  • 外壁なら10~15年、屋根なら5年ごとの点検をする
  • あなたが以前にリフォームをしたことがあるならば、リフォームの業者によっては無料点検期間を設定していたりする場合が多いです。その際にはぜひ点検をしてもらってください。そうすることであなた自身にも外壁や屋根の知識が増え悪徳リフォームと本当に誠実にやっている業者の区別がわかるようになるはずです。

今回は 不安を煽る手口 についてお話をしました。

静岡県で屋根や外壁でお悩みの方に今回のお話が少しでも役立つと幸いです!

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics