失敗しない塗料選び 施主支給お考えの方へ。

2020年12月2日更新

前回施主支給のお話をしたところ
色々な方から反応がありました。
ありがとうございました。

セミナーも気になるけどなかなか時間が
とれない。って方に 
今日は塗料の種類についてお話ししてみますね。

まず、種類と年数について。
こちらはメーカーがだしている耐用年数をまとめたもの
です。

塗料 耐用年数
アクリル 3〜8年
ウレタン 5〜10年
シリコン 7〜15年
フッ素 12〜20年
ラジカル 8〜16年
セラミック
(断熱/遮熱)10〜25年
光触媒 10〜20年
無機 10〜25年
ナノテク 10〜15年

いかがですか?
そして、同じ塗料なのに3年から8年⁈
この差は何?って思いませんでしたか?

理由としては、
環境、さらに下処理。
色々な条件が重なります。

そこばかりは、
家をみせていただくことでおおよその検討は
つくものの
もしくは実際に施工してわかることも
たくさんあります。

塗料の材料は以下の4点が使われています。

顔料
カラー付けに使われます。
合成樹脂
塗料の耐久性を左右します。
希釈剤(水性/油性)
顔料や合成樹脂を溶かして塗りやすくする液体。
添加剤
防腐剤、乾燥剤、艶(つや)を加減する「艶消し材など。

さらに、合成樹脂の違いってなんぞや
って話です。

塗料の耐用年数・グレードを左右します。

合成樹脂には4種類あります。
アクリル
ウレタン
シリコン
フッ素

下へ行くほど耐用年が高くなります。

さらに、近年ハイブリッド塗料という
塗料があります。ラジカル塗料やセラミック塗料
といった塗料です。
こちらは、シリコンなどの合成樹脂と、
特有の成分を混合して作られているのです。

塗料の種類を知っておくことで多少
選びやすくなったかなあとおもいます。
次回は、もっと掘り下げて特徴などもお伝えします!

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics