防水がなぜ必要??

2018年11月28日更新

先日 防水工事についてあれこれのお話をしました。

ブログをみていただいたお客様と先日お話をしておりまして、

なんで防水必要なの? とご質問が。

そうですよね、私たちは 工事をやる人間だから必要性はわかっている。

しかしお客様からしたら なんで必要かわからないですよね。

そうか施工する側と施主様とこのような溝もあるんだなあ・・と気づきました。

 

そこで今日のテーマはなぜ防水が必要かです。

 

住宅の構造は ちょっとわかりやすく人間に例えて見ると

1:建物の骨組み(人間でいっても骨部分)

2;外装材(屋根や壁・人間でいうと皮膚ですね)

3:住宅設備(電気設備などなど・・内臓といったところでしょうか)

で構成されています。

まず、外装材ですが、素の状態ですと 熱・水・汚染物などの要因により

劣化しています。人間で言えばお洋服を着ていない状態。

当然、お洋服があれば・・守れる傷も、なければどんどん傷ついていきますよね。

そこで家の壁は 外壁塗装というお洋服を着せます。

しかし、永遠に持つものでもないため・・少しずつ劣化していきます。

小さな割れ・ヒビなどから水を防ぐ機能が低下し、建物内部へ侵入を受けてしまいます。

そして、水が侵入すると 湿気と木材に含まれる水分量が上がっていきます。

キャパオーバーとなった湿気や水分にはカビやシロアリが繁殖してしまいます。

その結果、害となってしまうのです。

害は、外壁だけではありません。

カビの繁殖は、頭が痛いとか、目がかゆいとかちょっとしたアレルギーのような症状がでる場合もあります。。

そして、仮に家に水分が入って来ても

外装材だけ交換をしたりする状態で済めばいいのですが・・

 

構造部分にまで痛みが及んでしまったら大変です。

人間で例えるなら、大きな怪我をしてしまった、骨まで痛んでしまった・・ような状態でしょうか。なかなか大変ですよね。

 

そうならないための 防水工事です。

ヒビ割れの補修そしてヒビから水分が入らないように補修。

さらに建物に防水性能を持たせることです。

 

そして建物は主にこの3つから

雨漏りすることが多いです。

 

1 外壁 2屋根 3 バルコニー

そして この3つ 防水工事は違うやり方なのです。

そのためにきちんと防水工事の知識のある業者に相談がベストです🙄

次回は、それぞれの工事のやり方についても

もっと詳しくお話したいと思います♫

 

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics