塩害を防ぐために。

2019年8月26日更新

  1.  

おはようございます。

今週で8月も終わり、あっとゆうまに

9月ですね。さて先日は

塩害についてお話ししました。

今日は塩害を防ぐ方法についてです!

一番パッとみで、

わかるのは金属のサビですが

「うちはまだそんな症状がでていないからメンテナンスしなくて大丈夫」と思われている方もいる

かもしれません。

しかし、人間の身体と一緒、表に急にバンと

症状がでなくてもじわじわと

潜伏期間がある風邪やインフルエンザ

と同じように、

表面上はなんともない時期があります。

ピークに達したら表に出てきてしまいます。

なので先日お話しした、

塩害地域の方は若干家の痛みがはやいかも

しれません。

でもご安心を。いまはたくさんよい塗料が

でています。

では順にお話ししますね。

塩害を塗料でメンテナンスする場合に

おすすめは、フッ素塗料や変性無機塗料。

普通の塗料との違いは塗膜を形成する樹脂が緻密で

あること。そのため紫外線、塩害などが

直に家の素材に入りづらく、となるて

やはり強いのです。

いい事たくさんの塗料ではありますが、

 

耐久性も高いです。

そして塗料の値段もやはりお高めかなと。

しかしながら、通常5年で塗り替えしないと

いけなかったお家が

10年、15年くらいのペースでよいと考えると

家の寿命で考えてみた時のコストは

かなり下がるのではないでしょうか。

さすがに高いといっても、仮に普通の塗料での

塗装が、50万だとして フッ素で70万、80万

くらいかとおもいます。

(あくまでも目安ですが。)

 

そして、お家の金属部もこういった塗料を

つかうのがおススメです。

塩害を受けやすい地域の方は

塗装を、する際塩害についてぜひ

担当者にお話しを伺ってみてくださいね。

そして、できれば詳しい方と塗料を相談されるのが

おすすめですよ!

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics