寒暖差を無くすには

2020年2月10日更新

寒い日が続きますね。

でも今週は20度を越す日もあるそうです。

寒暖差があるため、

余計に寒さを感じるのでしょうね。

これからは、なるべく寒暖差を感じない家が

必要となるのではと思います。

冬は暖か、夏は涼しく。

今から建てる家でしたらそんな作りになっているかと

思いますが、もう住んでいる家をそんな作りにリフォームするとなると、なかなか大規模に。

 

では、少しでも寒暖差をなくすには

どうしたらよいのでしょうか??

いくつか方法があります。

遮熱塗装

熱くなった屋根面の熱は

屋根裏に伝わります。

その熱が、室内の空気温度を上昇させます。

つまり、屋根からの熱を抑えることが大切。

状況にもよりますが、塗料だけで10度以上温度差が

出たという記録もあります。

二重窓

→今ある窓に内窓をプラスし、 

家の中で熱の出入りがもっとも大きい窓を対策

そこまで大掛かりにもならずおススメです。

浴室暖房、乾燥機など

→とくに昔ながらのタイルのお風呂などは 想像するだけでも寒いお風呂。

今のお風呂は、床などは暖かく感じる仕様にはなっているものの、家の作り的に寒さは感じることも。浴室暖房で暖ためてからのお風呂がおススメ。

 

他にも断熱材を入れ替えるなどなど

色々な工事はあります。

これから、どんな風に気候が変動してくるか

わかりません。いろんな気候と仲良く暮らすために、

日本人は様々な工夫をしてきました。

昔の常識が当てはまらない場合もあります。

今では色々な方法もありますので、

ぜひ気になる方は一度ご相談ください^_^

 

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics