アクリル系塗料 メリット デメリット

2020年12月9日更新

施主支給をやりたい!でもどんな塗料があるの?
こんなご質問をいただきました。
本日からは、塗料の特徴、メリット、
デメリットについてお話ししていきます!

【塗料の特徴 アクリル】

昔から使用されていた塗料。
リフォームなどでは今でも
塗料として塗装されることも多いです。
名前の通り、材料として樹脂にアクリル系のものが含まれています。

しかし最近では、あまり利用されることが
なくなってきました。その理由としては、
昔から利用はされていますが、
その分他の種類の塗料に比べると
耐久性がとても
低くすぐに塗り替える必要があるかです。

要するに持ちがあまり良くないんです。
【アクリル系のメリット】

メリット
1 単価の安さ
そのため、家具やあまり耐久性が必要とされない
倉庫などの塗装にぴったり。DIYにもオススメ!
2 ツヤツヤ
にツヤが出やすく、塗装した際に
パキッとした印象の色になります。
色の種類が豊富です。
【塗料の種類】アクリル系:デメリット
1 耐久性
すぐに剥がれてしまうため何度も塗り直しが必要。
そのため、塗装の準備に手間がかかる外壁や
屋根には不向き。また、劣化がはじまると
塗膜にヒビが入るため見た目が綺麗ではなくなります。
昔公園で遊んでいた滑り台などの遊具の
塗膜がぺりぺり剥がれていて、剥がして遊んでいた。
そんな方は多いのではないでしょうか。
それと同じです。

以上アクリル系の特徴、
メリット デメリットでした。

【お知らせ】

塗装でも施主支給が可能です!
お客様ご自身で、足場架設、塗料等を支給して頂く事で、工事代がかなりお安く出来ます。

足場やさん、塗料の選び方、注文方法は
弊社のセミナーでお教えします。
また、お伺いしてのセミナーも可能です。

年始に困らないよう、屋根外壁の点検を
しておきましょう。

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics